第32回校長BLOG

第32回校長BLOG

 

今回は、入学式辞と新入生オリエンテーションでの挨拶という、両方とも1年生に向けた挨拶を載せます。あえて2つを並立させるのは、入学式辞がアグレッシブで理想主義的なのに対して、オリエンテーションの方は少し肩の力を抜いた現実主義的なものだからです。自己撞着と思うかも知れませんが、タフに生きていく上では多少の矛盾を併せのむくらいの柔軟性・適当さをつけてほしいと思っています。

オリエンテーション挨拶の方は、あっちこっち寄り道しています。文体の調子の違いも楽しんでください。

 

Ⅰ 令和四年 入学式式辞

季節の主役が、満開の桜から緑の若葉に替わりつつある、この清々しい日に、三百二十二名の希望に満ちた新入生の皆さんを迎えることができ、学校として、まことに慶びに耐えません。

 

・・・中略・・・

 

入学式を心待ちにしていらした保護者の皆様。新型コロナウイルス感染症のまん延防止のために、ご参加に制約をしたことをお詫び申し上げます。さらに、コロナ以前にあった在校生による校歌や式歌の演奏も中止せざるを得ませんでした。学校としては大変残念な気持ちです。しかし、ここは新入生・保護者の皆様・在校生・教職員の健康と安全が第一優先です。もう少しの我慢で、新型コロナウイルス感染症の一刻も早い収束を実現させましょう。

今、世界は、新型コロナウイルス感染症だけではなく、ロシアによるウクライナ侵攻や、台頭する中国にどう対応するのかという問題、さらには地球温暖化をはじめとしたグローバルな環境問題など、難問が山積しています。底流には、経済のグローバル化とデータサイエンス、バイオサイエンスの急激な進歩があります。

これからの国際社会は、Society5.0に象徴される超情報化社会と一時代前の力による支配とが両立併存する不安定な状況に突入します。私たち一人ひとりと日本はどのような立ち位置を占めて、この難関にあたっていくのか。ここ十年が勝負でしょう。

『彼を知り己を知れば百戦殆からず』

敵のことと自分のことの双方をよく知っていれば、戦っても負けることはない。紀元前500年頃の兵法家・孫子の言葉と言われています。孫子は軍事思想家として当時の軍事理論を『孫子(本の名前)』としてまとめ、今でも歴史に残る名著と言われています。私がここでいう敵とは例えば戦争です。戦争を無くすためには、戦争について目を背けずしっかり勉強する必要があるのです。参考文献として他には、紀元前1世紀ローマの軍人、政治家、文人である、ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』と『内乱記』、第二次大戦前後の日本人の作家大岡昇平の『レイテ戦記』をあげておきます。読んでみてください。

さて、これからの日本社会と国際社会とは、皆さんが作っていくものです。是非、最大多数の最大幸福を目指す側に立ち、良い仕事をしていってほしい。そのために必要なのは、基礎基本の定着と、生涯にわたり学び続ける姿勢と方法を身に付けておくことです。

私は、最近、どのような場でも言っていることですが、基礎基本も含め、今身に付けた知識・技能はすぐに陳腐化します。その速度は恐ろしいほどです。

それでは、学ぶ意味はないのか。

そんなことはありません。むしろ、学ぶ意義はより深くなっています。ただ、学校教育が完成教育ではなくなったということです。これからの社会で生きる人は、一生学び続けなければなりません。学校を卒業しても、自分の置かれた場で、自分で必要なことを探し、自分で身に着けていかねばなりません。そのための、学校教育であり、本校での学習です。生涯学び続ける姿勢と方法を身に付けるためには、逆説的ではありますが、基礎基本が大事です。

本校で、教科の学習はもちろん、探究活動や行事、部活動などを通じて、本物の学力と気力と体力を身に付けてください。そして、困難さを増す国際社会で、困っている人を助ける姿勢と力を培ってください。

If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive. If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.

タフでなければ生きていけない、優しくなければ生きていくに値しない

レイモン・チャンドラーのハードボイルド小説プレイバック中での私立探偵フィリップ・マーロウのセリフです。

皆さんが本校で積極的に学び、楽しく活動し、卒業する時には、それぞれの希望する進路に向かい元気に飛び立つことを今から願っています。頑張ってください。

次に、保護者の皆様に申し上げます。

この度は、お子様のご入学、誠におめでとうございます。

本日より大切なお子様をお預かりし、学校としてできる限りの教育を行い、お子様の健全なる成長を支援してまいります。

入学に当たり、学校として保護者の皆様にお願いが三つございます。

第一は、生徒が自立した人間となるよう、温かくも適切な距離をもって接してほしいということです。高校生は思春期真っ盛り、独立心が芽生える時期です。致命的でない程度の失敗を冒すこと、リスクを取って挑戦することを許してほしいと思います。挑戦と失敗が人間を育てます。もちろん、致命的な失敗とならぬよう、適切かつ毅然とした指導は必要です。

第二は、第一と矛盾するようではありますが、お子様が「高校生として必要かつ望ましい習慣」を身につけるよう、ご家庭でのご指導をお願いしたいということです。高校生の年代は、経験も判断力もまだまだ未熟です。また、高校生を取り巻く環境は決して安心できるものではありません。そういう状況で、良き習慣を身につけさせるためには、ご家庭でのご指導が是非とも必要です。

最後は、本校の教育方針をご理解頂き、学校との連携をお願いしたいということです。生徒の実態と社会の状況を踏まえた本校独自の教育方針があります。このことをご理解頂いた上で、ご家庭と学校が車の両輪となり、お子様の成長を支援していきたいと考えております。何卒、よろしくお願い申し上げます。

結びに、本日入学した三百二十二名の新入生の皆さんの充実した高校生活と、健やかな成長を祈念し、式辞といたします。

 

Ⅱ 新入生オリエンテーション挨拶

 

「あれか、これか」または無理をしないことについて

 

「あれか、これか」とは、19世紀デンマークの実存哲学者、キエルケゴールの著書の題名である。人は人生で決定的な選択を迫られるという内容である。

因みに古典的な哲学書、デカルト、パスカル、モンテーニュ等によるものは時間をかけてじっくり読めば大よそ言いたいことはわかる。ところが、カント、ヘーゲル、キエルケゴールといった近代哲学は何度読んでもわかりにくい。これは、前者が人に共通に備わった(とされている)良識、常識から思考を出発させているのに対し、後者はその良識、常識を疑うところから出発しているからだと、私は思っている。

ところで、文武両道とよく言われる。学校で言えば、学習と部活・行事、もちろん両立・鼎立が望ましい。理想的な姿ではある。つまり、『あれも、これも』の状態である。しかし、この両立・鼎立は時に通常の(健康的な範囲の)努力では実現しない場合がある。一方、時に楽々と両立・鼎立させられる人もいるので混乱が生じる。

他の例を出そう。『健全なる精神は健全なる身体に宿る』ということが言われる。では、逆に言うと、身体が健全でなければ精神も健全ではないというのか、

当然違うであろう。これは、もとになった古代ローマの詩では、『健全なる精神が健全なる身体に宿ってあれかし』すなわち、そうあってほしいものだ、両立は極めて難しいから神様にでも祈ろう、という意味だったらしい。

本題に戻る。それでは、私たちはどうやって日々を過ごせばよいのか。特に、現代のように感染症が蔓延し、戦争が起こり、全地球規模の環境問題が深刻な状態にある、『あれも、これも』が困難なこの世界において。

私の願望は、個々の生徒が優先順位(プライオリティ)を確立してほしいということだ。例えば私の考えでは、現下の高校にとっての優先順位は、第一に心身の健康、第二が勉強、第三が部活と行事だろう。それでも余裕があれば、バイトでもゲームでもお好きなようにということになる。

優先順位さえ決まれば、自分の体力、知力、気力に応じて、上から順に達成していけばよい。先の優先順位を仮に認めるなら、学校としては、少なくとも第二の勉強まではコロナ禍であっても何とか達成してほしい。できれば、部活や行事にも積極的に参加して、生きる力を磨いてほしい。しかし、幸か不幸か、健康第一にしっかり高校の勉強に励み、部活や行事で活躍していたら、バイトやゲームにエネルギーを割ける生徒はほとんどいないと思う。

昨日の入学式のスピーチでは知的冒険を進めたが、今日は敢えて現実主義で『つまらない常識』を言う。自分のことをよく知り、心身を痛めるような無理はしないでよい。場合によっては、無事卒業を目指すというのも一つの立派な目標である。